みんなのまちづくりゲーム
みんまちについて
ゲームの流れ
キット内容
価格
見積依頼

みんまちってなに?

資源循環・地域経済を考える研修用のボードゲームです

ゲームを通して都市と地方の関係性や、地域経済の仕組み、エネルギーやゴミ処理の問題等に気づく仕組みになっています。

みんなのまちづくりゲーム

チーム対抗戦

5人1チームで、それぞれが森(林業者)、里(農業者)、海(漁 業者)、街(商工業者)、役場の役割を担います。4チーム以上でのプレイがおすすめ!

キットでどこでも

キットでどこでも

1つのキットで1チームがプレイできます。持ち運びしやすいケースで、場所を選ばずゲームをプレイすることが出来ます。

地域経済を学べる

地域経済を学べる

都市と地方の関係性や、地域経済の仕組み、 エネルギーやゴミ処理の問題等に気づく仕組みになっています

ゲームの流れは?

話し合いながら、アイデアを実行していきます

チームで話し合いながら、進めていきます。どんなことを大切にしながら進めていくかが大事です。

どんな機会に行われているの?

主に大学生のスタディツアーで行われています

スタディツアーでゲームを導入にして、その後に、視察やワークショップを行うと効果的です。また、雨の際の代替プログラムとしても最適です。

環境系学科のフィールドワーク

大学の学科の合宿にて、町内視察や漁業体験を行った次の日、町内をフィールドワークの予定だったのが、悪天候のためプログラムを変更してこのゲームを体験していただきました。悪天候で意気消沈気味だった学生さんたちも、すっかりゲームにハマって盛り上がってくれました。

大正大学 人間学部 人間環境学科

環境系学科のフィールドワーク

キットの内容は?

ゲームに必要なツールが一式入っています

みんまちツール一式

体験してみた人はこう言っています

教科書ではなく、まんがで歴史を学ぶ感じ(20代男性 大学生)

ゲームをしながら現実のことを面白く学べる(20代男性 大学生)

日本の現実にぴったり合っている(40代男性 大学教授)

実際のまちづくりを疑似体験できた(20代女性 大学生)

チームワークが鍵となるが、個人の意見も反映できる(30代男性)

経済の計画性など、意外と計算が必要で実践的(40代男性 大学教授

もう一回全員がやりたいと思うほど楽しいゲームだった(10代女性 大学生)

すみずみまで考えさせて、なおかつ遊びの部分もある(10代女性 大学生)

儲けることばかり考えていると様々な問題が起こってくる(10代女性 大学生)

思った以上に頭を使った(20代女性 大学生)

自分さえよければいいのではなく、まち全体のことにまで気を使わなければならない(20代女性 大学生)

見積依頼フォームを見る

よくある質問

A:いいえ、カードやチップを使ってプレイするアナログのゲームです。レクリエーションはもちろん、学校での授業、セミナー、社員研修でもご利用いただけます。

A:お見積フォームへお進み下さい。ご購入の流れはこちら

A:初めてプレイする場合はファシリテーターによる進行があると効果的です。
1チーム(森、里、街、海、役場のプレイヤー5名)につき、ファシリテーターとして都市プレイヤーが1名参加すると進行が円滑に進みます。チームで競う場合は、さらに全体の司会進行役がいると効果的です。
南三陸研修センターでは、講師、ファシリテーターの派遣も可能ですので詳しくはお問合せ下さい

A:南三陸研修センターでは、「ゲームで体験!みんなのまちづくりゲーム」という3時間のプログラムを実施しています。ゲームのプレイ前には地方の抱える課題についてのレクチャー、ゲームプレイ後には振り返りと南三陸町でバイオガス事業に関わる方からバイオマス産業都市構想についてのレクチャーがあります。
また、南三陸研修センターでは、講師、ファシリテーターの派遣も可能ですので詳しくはお問合せ下さい

ツールの詳細

プレイ可能人数

6人

5人(プレイヤー)+1人(ファシリテーター※ゲームルールを知っている方)

内容物

ボード、エネルギー&ゴミチップ、ブランドコイン、 年号コイン、ハプニングカード、アイデアカード、紙幣、手形、プレイヤーポップ、都市ボード、カードボード、ゲーム進行用PDF、ルールブック、結果集計シート、注意事項(ライセンス等)、ケース

価格

1セット 6,480(税込)
4セット 25,000(税込)

制作・販売元

一般社団法人南三陸研修センター

原案

特定非営利活動法人キッズドア・株式会社アミタ持続可能経済研究所

ご購入前にお読みください

みんなのまちづくりゲームは、特定非営利活動法人キッズドア及び株式会社アミタ持続可能経済研究所が循環型社会や地域経済について考える機会を創出するために原案し、一般社団法人南三陸研修センターとともに制作したものです。
この研修ボードゲームは、進めていくうちに都市と地方の関係性や地域経済の仕組み、エネルギーやゴミ処理の問題等に気づく仕組みになっています。
ゲームとしての勝敗は、最終的にどれだけ町にお金を残せたかを基準にしています。しかし、ゲームでは経済的に裕福なことが本当に幸福なのか?という疑問に気付かされます。そして、ゲームをして終わりではなく、必ず振り返りを行っていただき、どんなまちや社会が理想なのか、話し合うきっかけとしていただきたいと思います。
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町ではさまざまなまちづくりの取り組みがなされております。一人ひとりがご自身のまちづくりへ興味を持つ一助になれば幸いです。ぜひ、学校での授業やセミナー、まちづくりのワークショップ等、幅広くご活用ください。

ご購入の流れ

見積依頼フォーム

見積依頼フォーム

見積依頼フォームにご記入の上、送信して下さい。折り返しお見積書と発注書をお送りします。

発注書送信

発注書送信

ご注文の場合は、発注書にご記入の上送信して下さい。折り返し注文確認メールをお送りします。

キットが届く

キットが届く

発注から7営業日以内に、宅急便にて発送いたします。

お支払い

製品に同梱の請求書より、銀行振込にてお支払い下さい。

見積依頼フォーム

ご好評により、数量限定で在庫追加いたしました

必須 団体名(会社・大学名)
必須 ご担当者名
必須 メールアドレス
必須 電話番号
必須 郵便番号
必須 都道府県
必須 住所
必須 見積依頼セット数
備考