未来を創る人を育むことをビジョンに、地域振興プロジェクト・大学生/新入社員研修プログラム・宿泊研修施設運営を行っています

ニュース

>ニュース
15日 2018年06月

2018夏~秋 有給インターンシップ募集

2018年06月15日|ニュース|

一般社団法人南三陸研修センターの繁忙期となる8月後半から10月末の学生プログラムを対応する有給インターンシップの学生を募集しております。 地域の学び場作り、そして未来を創っていく仕事を、現地スタッフの右腕となりすすめていくやりがいのある仕事となっております。将来地域で活躍したい!という方や、新たなチャレンジをしたいという学生におすすめです。 下記要項をよくご確認のうえ、ご応募をお待ちしております。

05日 2018年04月

ライター募集!/「南三陸のものがたりを紡ぐWEBメディア」で記事を書いてみませんか?

2018年04月05日|ニュース|

一般社団法人南三陸研修センターが運営するWEBメディア「南三陸なう」のライターを募集いたします。 東日本大震災から7年。今を生きる南三陸の人々のものがたりを紡ぐWEBメディアとして年間130記事ほどの記事を公開しています。南三陸のものがたりを共に紡いでくれる仲間を募集中です。ライティング未経験者でも、学生でも問題ありません。みなさまからのご応募お待ちしております。

23日 2016年03月

地域を学ぶ昼食会「みんなで作ろう!のっぺ汁」

2016年03月23日|ニュース, 地域を学ぶ勉強会|

南三陸のふるさとの味「のっぺ汁」を知っていますか?さつまいも、こんにゃく、油揚げなどなど、使い残しの具材で簡単に作れる家庭料理です。今回は、みんなでわいわい台所を囲み、懐かしい味わいを楽しむ昼食会を開催しました。

02日 2016年02月

地域を学ぶ勉強会「お宝8ミリフィルムで蘇る昭和40年代の家づくり」

2016年02月02日|ニュース, 地域を学ぶ勉強会|

入谷のあるお宅より、数本の8ミリフィルムが見つかりました。そこに映っていたのは、昭和40年代の家づくり。木を切り出し、茅葺きの屋根をふぐし、家を新築するまでの一部始終でした。家を建てるという一世一代のイベントに、親戚も隣近所もみんなが力を合わせたあの頃。貴重な映像を見ながら、当時の家づくりや地域のあり方について考える勉強会を開催しました。

25日 2015年12月

南三陸School―森と海と人間の生活のあり方をデザインする―

2015年12月25日|2016年1回, ニュース, 南三陸School|

震災から5年が経とうとしています。この5年の間に、多くのものが失われ、同時に生まれてきました。ここは、被災地ではなく、「課題先進地」。この町の新たな「価値」を見つけるスタディツアーが始まります。

10日 2015年12月

花見山プロジェクト除幕セレモニーを執り行いました

2015年12月10日|ニュース, 花見山プロジェクト|

地域住民とボランティアの力で、入谷地区の山「ばば山」を整備し、花見山にするプロジェクトが進行中です。11月より本格的に植樹を行い、ついに今年度の目標数を植え終わりました。そして12月9日、除幕セレモニーを執り行い、新たな憩いの場の誕生を宣言しました。

24日 2015年09月

花見山プロジェクト懇談会「ばば山の思い出と未来を語る会」開催

2015年09月24日|ニュース, プロジェクト, 花見山プロジェクト|

南三陸町入谷地区。住民から「ばば山」と呼ばれ親しまれている山があります。その山に花桃や桜の花木を植え、地域の憩いの場、観光スポットとして整備していこう、という「花見山プロジェクト」がいよいよ始動します。2015年8月4日、入谷地区住民の方々や、このプロジェクトの20年前の前身「桃源郷構想」に尽力した方々が集まり、「ばば山の思い出と未来を語る会」を開催しました。

08日 2015年09月

一般社団法人南三陸研修センター年次報告書2014

2015年09月08日|ニュース|

「一般社団法人南三陸研修センター」の年次報告書を公開いたします。

19日 2015年06月

養老孟司名誉センター長特別講演会「幸せになるための生き方・暮らし方」

2015年06月19日|ニュース|

6月15日、大正大学客員教授で、南三陸ラーニングセンターの名誉センター長でもある養老孟司先生をお迎えし、特別講演会「幸せになるための生き方、暮らし方」を開催しました。世代や職業も様々な、およそ60名の方が入谷公民館に集まりました。

18日 2015年06月

開催終了 親子向けプログラム初夏の里山ナイトハイク~そうだ!入谷へホタルを見に行こう!~

2015年06月18日|ニュース|

ラーニングセンターで季節限定、親子向けプログラムを実施します。時期によってゲンジボタルかヘイケボタルの見える地区を地元ガイドがご案内します。おみやげにミニとうろうもプレゼント!ぜひご参加ください。

Load More Posts